建築士のご紹介

髙橋照夫

代表取締役 一級建築士 髙橋照夫 ご挨拶

私の建築に対する理想、それは設計のみならず、施工も合わせて完成させることです。
設計事務所に在籍していたころ、主に図面を書くことを仕事としてきました。
しかし設計の上で、施工の知識や技術を伴わなければ、施工者たちとの考えの相違に困ることがありました。
思い切って施工に挑戦し、設計も現場も分かる建築士を目指し、その経験が現在につながっています。私の自宅もホームページで公開しておりますが、25年たち、初めて外壁や内装の補修工事を行いました。
丈夫で長持ちし、リフォームも可能、なおかつ落ち着ける空間を提供することが私の理想です。
私の理想に共感していただき、完成後も長くお付き合いできる方と一緒に作り上げていきたいと考えています。

一級建築士 髙橋照夫 略歴

1977年(昭和52年) 3月 東京デザイン専門学校卒業
1977年(昭和52年) 4月 一級建築士事務所にて10年間、設計・測量を学ぶ
1986年(昭和61年) 4月 髙橋設計 一級建築士事務所設立
1990年(平成2年) 2月 有限会社 髙橋設計設立

トップページへ戻る